エリア プロパティの調整

自動文書分析を実行する際に、ABBYY FineReader では文書のページ上のさまざまなエリアの種類 (表、画像、テキスト、バーコードなど) を検出します。また、文書構造の分析を行い、見出しのほか、ヘッダーとフッター、画像と図のキャプションなど、その他のレイアウト要素を識別します。

一部の [テキスト] エリアおよび [] エリアで正しく定義されていないプロパティは、手動で変更できます。

  1. [画像] ウィンドウまたは [ズーム ] ウィンドウでエリアを選択し、[画像] ウィンドウの [領域のプロパティ] ペインでプロパティを調整します。

[領域のプロパティ] ペインでは、次のプロパティを設定できます。

注意

  • [画像] ウィンドウが狭く、プロパティ ペイン全体を表示できない場合は、 / ボタンを使用して、プロパティ ペイン内を左右に移動します。
  • 一部のテキスト プロパティは、[テキスト] エリアを右クリックして利用可能になるショートカット メニューを使用して修正できます。
  1. 必要な変更を行った後で OCR プロセスを実行します。

エリアが正しく検出されない場合」も参照してください。

1/14/2020 5:26:20 PM


Please leave your feedback about this article