メイン ウィンドウ

ABBYY FineReader を起動すると、メイン ウィンドウが開きます。同時に [タスク] ウィンドウが表示され、ここから組み込みの自動タスクとカスタムの自動タスクを起動できます。

メイン ウィンドウには、現在開いている ABBYY FineReader 文書が表示されます。詳細については、「FineReader 文書とは何か」を参照してください。

  • [ページ] ウィンドウでは、現在の FineReader 文書のページを表示できます。ページの表示モードは、小さな画像を表示する「サムネイル」、および文書ページとそのプロパティを一覧表示する「詳細」の 2 種類があります。表示モードは、ウィンドウのショートカット メニュー、[表示] メニューを使用するか、[ツール] > [オプション… ] > [表示] を選択して切り替えることができます。
  • [画像] ウィンドウには、現在のページの画像が表示されます。ここでエリアページ画像テキスト プロパティを編集できます。
  • [テキスト] ウィンドウには認識したテキストが表示されます。ここでは、認識したテキストのスペルを確認したり、編集したりできます。
  • [ズーム] ウィンドウには、現在編集している行または画像エリアの拡大画像が表示されます。[画像] ウィンドウには全般的なページ ビューが表示されますが、[ズーム] ウィンドウには画像の一部が詳細に表示されるため、エリアの種類や位置を調整したり、信頼性の低い文字を拡大画像と比較したりできます。画像の縮尺は [ズーム] ウィンドウの下部にある [] セクションで変更できます。

ヒント:スペース バーを押しながらマウスを使用して、[画像] ウィンドウおよび [ズーム] ウィンドウ内の画像を移動できます。

ウィンドウの切り替え

  • あるウィンドウから別のウィンドウに切り替えるには Ctrl + Tab を押します。
  • [ページ] ウィンドウをアクティブにするには Alt + 1 を押します。
  • [画像] ウィンドウをアクティブにするには Alt + 2 を押します。
  • [テキスト] ウィンドウをアクティブにするには Alt + 3 を押します。

その他のキーボード ショートカットについては、[ショートカット キー」を参照してください。

次の項目も併せて参照してください。

14.01.2020 17:26:20


Please leave your feedback about this article