カスタム自動タスクの作成

(ABBYY FineReader Corporate のみ)

組み込まれている自動タスクで選択できない処理手順を含める必要がある場合は、独自の自動タスクを作成できます。

  1. [タスク] ウィンドウで [マイ タスク] タブをクリックし、[新規作成] ボタンをクリックします。
  2. [タスク設定] ダイアログ ボックスでタスクの名前を [タスク名] ボックスに入力します。
  3. 左側のペインで、タスクに使用する ABBYY FineReader 文書の種類を選択します。
    • 新しいドキュメントを作成する

このオプションを選択すると、タスクを開始したときに新しい ABBYY FineReader 文書が作成されます。次に、文書を処理するためにプログラムが使用する文書オプションを指定します。プログラムで指定されているグローバル処理オプションまたは特定のタスクに指定するオプションのいずれかを選択できます。

  • 既存のドキュメントを選択する

既存の FineReader ドキュメントのイメージを処理するタスクが必要な場合は、このオプションを選択して下さい。FineReader ドキュメントを指定するか、タスクを開始する度にドキュメントを選択するプロンプトをプログラムに表示させる必要があります。

  • 現在の文書を使用

このオプションを選択した場合、アクティブな ABBYY FineReader 文書からの画像が処理されます。

  1. 画像の取得方法を選択します。
    • 画像または PDF を開く

フォルダにあるイメージまたはPDFドキュメントを処理するタスクが必要な場合は、このオプションを選択して下さい。フォルダを指定するか、タスクを開始する度にいずれかのフォルダを選択するプロンプトをプログラムに表示させる必要があります。

  • スキャン

このオプションを選択した場合、ページをスキャンする必要があります。

注意

  • この手順は、前の手順で [既存のドキュメントを選択する] または [現在の文書を使用] を選択した場合はオプションとなります。
  • すでに画像を含んでいる文書に画像が追加された場合、新たに追加された画像のみが処理されます。
  • 処理する ABBYY FIneReader 文書に、すでに認識されたページとすでに分析されたページが含まれている場合、認識済みのページが新たに処理されることはありませんが、分析済みのページは認識されます。
  1. 画像上のエリアを検出するには、[分析] 手順を追加して、この手順を設定します。
    • レイアウトを自動的に分析した後で、領域を手動で調整する

ABBYY FineReader が画像を分析し、その内容に基づいてエリアを識別します。

  • 領域を手動で描画する

ABBYY FIneReader による案内に従って適切なエリアを手動で描画します。

  • 領域テンプレートを使用する

プログラムがドキュメントを分析する際に、既存のエリアテンプレートを使用したい場合、このオプションを選択して下さい。テンプレートを指定するか、タスクを開始する度にいずれかのテンプレートを選択するプロンプトをプログラムに表示させる必要があります。詳細については、「エリア テンプレートの使用」を参照してください。

  1. 画像を認識する必要がある場合は [読み取り] 手順を追加します。プログラムは手順 3 で指定された認識オプションを使用します。

注意:[読み取り] 手順を追加すると、[分析] 手順が自動的に追加されます。

  1. 認識したテキストを選択した形式で保存する場合、テキストまたは画像をメールで送信する場合、または ABBYY FineReader 文書の複製を作成する場合は [読み取り] を追加します。タスクには複数の [読み取り] 手順を含めることができます。
    • ドキュメントを保存する

ここではファイルの名前と形式、ファイル オプション、ファイルを保存するフォルダを指定できます。

注意:タスクが起動されるたびに新しいフォルダを指定する手間を省くには、[タイムスタンプ付きのサブフォルダを作成する] を選択します。

  • ドキュメントを送信する

作成される文書を開くアプリケーションを選択できます。

  • ドキュメントを電子メールで送信する

ファイルの名前と形式、ファイル オプション、ファイル送信先の電子メール アドレスを指定できます。

  • 画像を保存する

ここではファイルの名前と形式、ファイル オプション、画像ファイルを保存するフォルダを指定できます

注意:すべての画像を 1 つのファイルに保存するには、[複数ページからなる 1 つの画像ファイルとして保存する] を選択します (TIFF、PDF、JB2、JBIG2、DCX 形式の画像のみが該当)。

  • 画像を電子メールで送信する

ファイルの名前と形式、ファイル オプション、画像ファイルの送信先の電子メール アドレスを指定できます。

  • FineReader ドキュメントを保存する

ABBYY FineReader 文書を保存するフォルダを指定できます。

結果を保存するためにプログラムが使用するオプションを指定します。保存時にプログラムで指定されたグローバル処理オプションまたは特定のタスクに指定するオプションのいずれかを選択できます。

  1. ボタンを使用してタスクから不要な手順を削除します。

注意:時として、1 つの手順を削除すると、別の手順も削除されることがあります。例えば、[分析] 手順を削除すると、画像の分析なしに認識することはできないため、[読み取り] 手順も削除されます。

  1. 必要となるすべての手順を設定したら、[完了] をクリックします。

新たに作成されたタスクは [タスク] ウィンドウの [マイ タスク] タブに表示されます。[タスク マネージャ] でタスクを保存できます (タスク マネージャを開くには [ツール] > [タスク マネージャ…] をクリックします)。

以前作成したタスクも読み込むことができます。[マイ タスク] タブで [ディスクから読み込む] をクリックし、必要なタスクを含むファイルを選択します。

ABBYY FineReader では、カスタム自動タスクの変更、コピー、削除、インポート、エクスポートを行うことができます。詳細については、「自動タスク」を参照してください。

1/14/2020 5:26:20 PM


Please leave your feedback about this article