バーコードが検出されない場合

バーコード エリアは、文書に含まれるバーコードを示します。文書にバーコードが含まれており、それを画像としてではなく、文字と数字の列として表示する場合は、そのバーコードを選択し、エリアの種類を [バーコード] に変更します。

注意:バーコード認識は、既定では無効になっています。バーコード認識を有効にするには、[ツール] > [オプション…] をクリックし、 [読み取り] タブをクリックして [バーコードを探す] オプションを選択します。

バーコード エリアを描画して認識するには

  1. [画像] ウィンドウまたは [ズーム] ウィンドウで、Ctrl + Shift + Alt を押しながらマウスを使用して、バーコードを選択します。
  2. OCR プロセスを実行します。

サポートされているバーコードの種類

  • コード 3/9
  • チェック コード 3/9
  • アスタリスクなしのコード 3/9
  • コーダバー
  • コード 93
  • コード 128
  • EAN 8
  • EAN 13
  • IATA 2/5
  • インターリーブド 2/5
  • インターリーブド 2/5 のチェック
  • マトリックス 2/5
  • Postnet
  • インダストリアル 2/5
  • UCC-128
  • UPC-A
  • UPC-E
  • PDF417
  • Aztec コード
  • データ マトリクス
  • QR コード
  • パッチ コード

注意:既定のバーコードの種類は [自動検出] です。これは、バーコードの種類が自動的に検出されることを意味します。しかし、すべてのバーコードが自動的に検出できるわけではないため、時として 領域のプロパティ ペインで適切な種類を手動で選択する必要が生じる場合があります。

ABBYY FineReader では、コード 3/9、コード 93、コード 128、EAN 8、EAN 13、Postnet、UCC-128、UPC-E、PDF417、UPC-A および QR コードのバーコードを自動的に検出できます。

14.01.2020 17:26:20


Please leave your feedback about this article