古いバージョンのABBYY FlexiCaptureからデータベースとプロジェクトをインポート

このセクションは、システム管理者から許可を受けたユーザーのみご利用できます。

ABBYY FlexiCaptureの分散版は、アプリケーションサーバーのデータベースに保管しているプロジェクトを使用します。

古いバージョンのFlexiCaptureからABBYY FlexiCapture 12へ移行する方法は、1つではありません。

古いバージョンのABBYY FlexiCaptureで作ったデーターベースを接続

ABBYY FlexiCapture 12をインストールしたら、管理/監視コンソールを使って古いバージョンのFlexiCaptureに作成したデータベースとファイルストレージに接続します。データベースがFlexiCapture 12と互換性があるように更新されるので、古いバージョンのFlexiCaptureでは使えなくなります。

注:古いバージョンのFlexiCaptureではデータベースが使えなくなるので、ご希望の場合はバックアップを取っておいてください。これで万が一問題が発生しても、古いバージョンのものを使えます。バックアップのコピーを作る場合は、Microsoft SQLかAzure、Oracleのサーバーでバックアップを作成して、ファイルストレージのコンテンツを全てコピーして下さい。詳しいバックアップの手順は、古いバージョンのFlexiCaptureにあるシステム管理者用ヘルプファイルをご確認ください。

下記の手順に従い、古いバージョンのFlexiCaptureで作ったデータベースと接続してください。

  1. 古いバージョンのABBYY FlexiCaptureで、進行中のタスクを終了し全セッションを閉じる:
    1. 進行中の既存バッチを全て終了する。
    2. 管理/監視コンソールを開く。
    3. 不要なデータは全て削除することをおすすめします。これを実行するには、以下をクリックします:設定→クリーンアップ
    4. 全セッションを閉じてください。これを実行するには、以下をクリックします:システムモニタ→セッション。次に、アクティブセッションのクライアントを全て閉じてください。
      注:アクティブセッションを持つクライアントが1つでも残っていると、データベースからアプリケーションサーバーを切断する必要があります。これを実行する場合はレジストリエディターを起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ABBYY\FlexiCapture\10.0(か11.0)\WebServicesの「DBConnectionString」の値を削除してください。次にMicrosoft WindowsサービスコンソールのWorld Wide Web Publishing Serviceを再起動します。これで古いバージョンのABBYY FlexiCaptureが使用できなくなります。
  2. 古いバージョンのABBYY FlexiCaptureのデータベースへ接続:
    1. ABBYY FlexiCapture 12の管理/監視コンソールを開いて、次をクリック:設定→アプリケーションサーバーをクリックし、次に既存のデータベースに接続するボタンをクリックします。
    2. データベースサーバーの名前(データベースの名前)を指定して、古いバージョンのFlexiCaptureで使用していたファイルストレージを渡してください。以下をクリックします:OK。既存のデータベース接続について詳しくはこちらをご覧ください:既存のデータベースに接続
  3. データベースをアップデートして、ABBYY FlexiCapture 12と互換性をもたせる
    1. データベースに接続したら、ABBYY FlexiCapture 12の管理/監視コンソールを開いて次の順番でクリックする:設定→アプリケーションサーバー。そして、更新リンク(データベース名の横にあります)をクリックして、更新してください。これで古いバージョンのFlexiCaptureとデータベースは互換性がなくなります。
  4. ABBYY FlexiCapture 12のアプリケーションサーバーにあるプロジェクトを更新する。
    1. ABBYY FlexiCapture 12のプロジェクトセットアップステーションを開いて、アプリケーションサーバーで各プロジェクトを開く。プロジェクトを開くと、ABBYY FlexiCapture 12と互換性があるように更新されます。更新したプロジェクトは、古いバージョンのプログラムと互換性がなくなります。ご注意ください。更新したプロジェクトの文書定義は編集済みのステータスを受けとります。使用するには文書定義を公開してください。文書定義を公開する場合は、プロジェクトセットアップステーションを開いて、次をクリック:文書定義プロジェクトメニューにあります。文書定義を選択したら、公開ボタンをクリックします。

古いバージョンのABBYY FlexiCaptureからプロジェクトをインポート

継続して古いバージョンのABBYY FlexiCaptureと、古いバージョンのABBYY FlexiCapture 12のプロジェクトを使用する場合は、FlexiCapture 12のデータベースを新たに作って、古いバージョンからこのデータベースにプロジェクトをインポートしてください。

重要!既存の文書はプロジェクトと共にインポートできません。

次のステップを完了して、古いバージョンのFlexiCaptureからプロジェクトをインポートしましょう。

  1. 古いバージョンのFlexiCaptureのアプリケーションサーバーから、プロジェクトをファイルにエクスポートします。
    1. 古いバージョンのFlexiCaptureのプロジェクトセットアップステーションを開いて、各プロジェクトを開きます。さらにそれぞれ次をクリックしてエクスポートします:プロジェクトをエクスポートプロジェクトメニューでクリックします。処理する文書が残っている場合は、忘れずプロジェクトのエクスポート前に処理してください。文書はプロジェクトと一緒にエクスポートされません。
  2. ABBYY FlexiCapture 12で新しくデータベースを作成する。
    1. ABBYY FlexiCapture 12の管理/監視コンソールを開き、新たにデータベースを作成して新しいファイルストレージのパスを指定する(詳しくはデータベースの作成を参照)。
  3. プロジェクトを更新するとABBYY FlexiCapture 12と互換性ができます。それからアプリケーションサーバーにプロジェクトをアップロードしてください。
    1. ABBYY FlexiCapture 12のプロジェクトセットアップステーションを開いて、各プロジェクトファイル(*.fcproj)を開く。プロジェクトを開くと、ABBYY FlexiCapture 12と互換性があるように更新されます。更新したプロジェクトは、古いバージョンのプログラムと互換性がなくなります。ご注意ください。更新したプロジェクトの文書定義は非公開になるので、使用する場合は公開にしてください。文書定義を公開する場合は、プロジェクトセットアップステーションを開いて、次をクリック:文書定義プロジェクトメニューでクリックし、文書定義を選択したら、公開ボタンをクリックします。
    2. プロジェクトを更新したら、次をクリックしてアプリケーションサーバーにアップロードしてください:プロジェクトをサーバーにアップロードファイルメニューでクリックします。アプリケーションサーバーへのプロジェクトアップデートについて詳しく知りたい場合は、システム管理者ガイドにある、プロジェクトの作成と公開チャプターを参照してください。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article