生産性の監視

処理モニタ→パフォーマンスページの図を使用して、テナント管理者(またはデフォルトのテナントが使用されている場合はシステム管理者)または監視オペレータは次のことができます:

  • 処理の生産性を評価する
  • 問題が発生した時刻を特定
  • 各プロジェクトがアップロードしたページ数を閲覧
  • ほとんどの問題を引き起こしている処理段階を特定

生産性ダイアグラムは、次の場所に送信したページ数や文書数を可視化します:処理済みステージ(1時間、24時間、72時間など一定期間内)。

このキュー済みダイアログは、特定のステージで現在キューに入れているページ数と文書数を可視化します。

注:ダイアログからステージを除外する場合は、ダイアログの下にあるリストからステージ名をクリックしてください。

次に、処理中テーブルは、現在テナントによって処理されているページに関する一般情報が含まれています。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article