FlexiCapture 11およびFlexiCapture 12のレポートの比較表

ABBYY FlexiCapture 11のレポート 対応レポートABBYY FlexiCapture 12 ABBYY FlexiCapture 12レポートフィルター設定

一般文書処理レポート

プロセスパフォーマンスレポート
  • 必要なプロジェクトを選択してください
  • 必要なタイムレンジを設定してください
  • ひとつもしくはすべてのプロセスステージを選択してください
  • 表示カラムのカラムに表示される必要がありますドロップダウン
詳細データ検証オペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=データ検証オペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムに表示される必要があります選択すべきコントロールは:
    • 完了したタスク、
    • 処理済みの文書、
    • 処理済みのページ、
    • 検証された文字です。
一般データ検証オペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=データ検証オペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムで非表示される必要があります。選択すべきコントロールは:
    • 完了したタスク、
    • 処理済みの文書、
    • 処理済みのページ、
    • 検証された文字です。
詳細検証オペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=検証オペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムに表示される必要があります選択すべきコントロールは:
    • 完了したタスク、
    • 処理済みの文書、
    • 処理済みのページ、
    • 検証されたフィールド、
    • 検証された文字、
    • 修正されたエラーです。
一般検証オペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=検証オペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムで非表示される必要があります。選択すべきコントロールは:
    • 完了したタスク、
    • 処理済みの文書、
    • 処理済みのページ、
    • 検証されたフィールド、
    • 検証された文字、
    • 修正されたエラーです。
バッチによる検証オペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=検証オペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムに表示される必要があります選択すべきコントロールは:
    • 処理済みの文書、
    • 処理済みのページです。
詳細スキャンオペレータレポート 一般オペレータレポート
  • 必要なオペレータを選択してください
  • 役割設定=スキャンオペレータ
  • タイムレンジを設定してください
  • すべて、もしくは必要なプロジェクトを選択してください
  • そのバッチの詳細チェックボックスは
  • 表示されたカラムに表示される必要があります選択すべきコントロールは:
    • オペレータの数

注:すべての設定はレポートテンプレート(レポートパラメータ保存ボタン)として将来使用する際に再度利用できるように保存することが出来ます

注:オプション集合レポートダイアグラムは任意で、非表示に出来ます。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article