カスタムレポート

まずレポート→カスタムレポートメニューの項目を使用すると、特定のニーズに合わせてカスタマイズした追加レポートを生成できます。アプリケーションをインストールすると、このメニュー項目にさまざまなサンプルレポートが表示されます。

デフォルトでは、ABBYY FlexiCaptureのサーバー部分に含まれているMicrosoft Report Viewerを使用してレポートが生成されます。カスタムレポートは、Microsoft Visual StudioやMicrosoft Report Builderなどの多くのアプリケーションで作成できます。カスタムレポートのデータは、これらのアプリケーション、SQLクエリ、または保存したデータベースプロシージャを使用して取得できます。

注:下記、Crystal Reportsを使用して、標準およびカスタマイズされたレポートを生成できます。詳細については、この知識ベースの記事を参照してください:Crystal Reportsを使用してカスタムレポートを作成する方法

このサンプルのソースコードは、ルートIISフォルダのFlexiCapture \ CustomReportsサブフォルダ(通常はC:\ Inetpub \ wwwroot \ FlexiCapture12 \ Monitoring \ CustomReports)にあります。以下からアクセスできるようにするには、新しいレポートをこのサブフォルダに配置する必要があります:管理およびモニタリングコンソール。

次のサンプルレポートを入手できます:

保存したプロシージャを使用して収集されたデータを含むレポート

SQL問い合わせを使用して収集されたデータを含むレポート

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article