文書の比較

(本機能は ABBYY FineReader の一部のバージョンではご利用になれません。 以下も参照してください: http://www.ABBYY.com/FineReader。)

ABBYY FineReaderには、形式が異なっていても同一文書の2つのバージョンを比較できる ABBYY ドキュメントの比較 が含まれています。 ABBYY FineReaderのドキュメント比較ツールは、テキスト内の重大な不整合性を検出するため、たとえば、誤ったバージョンのドキュメントを承認したり発行したりするのを防止するのに役立ちます。

ABBYY ドキュメントの比較は複数の方法で開始できます:

  • まず 新しいタスク ウィンドウを開き、比較 タブを選択して 「 ABBYY ドキュメントの比較 を開く」をクリックします。
  • 次に、Windowsで [スタート] ボタンをクリックし、次の順にクリックします: ABBYY FineReader PDF 15 > ABBYY ドキュメントの比較  (Windows 10では、 [スタート] ボタンをクリックしてスタートメニューの すべてのプログラム アイテムを選択した後、 ABBYY FineReader PDF 15  > ABBYY ドキュメントの比較 とクリックします)。
  • 次に ドキュメントの比較ツール メニュー)をクリックします。
  • Windows Explorerで ファイルを右クリック して、ショートカットメニューの ドキュメントの比較... をクリックします。

以下の説明に従って2つの文書を比較します。

  1. ABBYY ドキュメントの比較 を起動し、比較する文書の一方のバージョンを左のペインに開いて、他方のバージョンを右のペインに開きます。
  2. その後、 比較 ペインで、ドロップダウンリストから文書の言語を選択します。
  3. 次に 比較 ボタンをクリックして文書を比較します。
  4. ABBYY ドキュメントの比較 が検出した差異を確認します。
    2バージョン間の差異は各バージョンで強調表示され、右パネルに一覧表示されます。これにより、文書に加えられた変更を明確に把握できます。 また、各バージョンで追加、削除、編集されたテキストの表示が簡単になります。 両方のページが同時にスクロールし、同一のフラグメントは常に横並びで表示されます。 差異は、リストから削除したりクリップボードにコピーしたりできます。

    リストから削除された差異は差異レポートに保存されません。

比較の結果は以下の形式で保存できます:

  • マイクロソフトワードファイルとして保存し、差異は変更履歴機能を使用して表示する。
  • コメント付きPDFドキュメントとして保存する。
  • マイクロソフトワード表形式で差異を表示する。

同一文書の2つのバージョンの比較に関する詳細は ABBYY ドキュメントの比較 を参照してください。

17.12.2020 1:21:46


Please leave your feedback about this article