ブラックレター(Gothic Script)で書かれたテキストの認識

ABBYY FineReaderは英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ラトビア語のブラックレター(Gothic Script)で書かれた歴史文書や歴史書を認識するのに役立ちます。このような文書の処理は、以下に示すいくつかの点で異なります。

ブラックレター認識言語

ブラックレターで書かれたテキストを認識するため、このプログラムは次の6つの言語を使用します:

  1. 古典英語.
  2. 古典フランス語.
  3. 古典ドイツ語.
  4. 古典イタリア語.
  5. 古典スペイン語.
  6. ラトビアのゴシック体.

サポート対象のブラックレターフォント

認識結果のテキストをブラックレターで表示するには、追加Windowsフォントのインストールが必要になる場合があります。

ABBYY FineReaderがサポートするブラックレターは次のとおりです:

  1. Textur/Textualis — ブラックレター書体。
  2. Fraktur — 角張ったブラックレター書体。
  3. Schwabacher — 一部の文字に丸みを持たせた「崩した」書体。

ブラックレターフォントがインストールされていない場合、認識結果はArial、Times、Courierのいずれかで表示されます。

ブラックレターで書かれたテキストの認識手順

ブラックレターのテキストを含む文書を認識するには、以下を実行します:

  1. OCRエディターウィンドウで、その他の言語...をメインツールバーの言語ドロップダウンリストから選択します。開いた 言語エディタダイアログで、OCR 言語を手動で指定オプションを選択してリストから適切な言語を選択します。その後、[OK] をクリックします。

    同時に複数の認識言語を選択すると(英語と古英語、ドイツ語と古ドイツ語など)、認識結果に悪影響を及ぼす可能性があります。これを回避するには、ブラックレターの認識に使用する言語のみを指定してください。
    OCRエディターの起動方法に関する詳細は、「OCRエディターの起動」を参照してください。
  2. スキャンするか、画像を開きます。
    詳細については、「文書の取得」を参照してください。
  3. メインツールバーのボタンをクリックします。

認識結果がテキストウィンドウに表示されます。

認識結果は、ソース文書が使用マシンにインストールされているサポート対象フォントで書かれている場合はブラックレターフォントで表示されます。それ以外の場合はArial、Times、Courierのいずれかが使用されます。

必要に応じて結果のフォントを変更します:

  1. 適切なテキストを選択します。
  2. そのテキストのコンテキストメニューでプロパティをクリックします。
  3. テキストのプロパティパネルで、リストから適切なフォントを選択します。

文書のテキストは指定されたフォントで表示されます。

17.12.2020 1:21:46


Please leave your feedback about this article