Japanese (日本語)

データソース:Alteryx接続

AlteryxからABBYY Timelineにデータをアップロードするには、「ABBYY Timeline Connector for Alteryx」を使用します。

利用シナリオ

Alteryx用のABBYYタイムラインコネクタは、次のシナリオ等で使用できます。

  1. ABBYY Timelineで、AlteryxDesignerから受信したデータを処理するプロジェクトを作成します。
  2. Alteryx Designerで、ワークフローを作成します。 次の手順で基本的なワークフローを説明します。
    1. コネクタは、テーブル形式でアレンジされた入力データセットを受け取ります。データを読み込む一般的な設定はCSVファイルによる方法です。
    2. コネクタはデータをABBYY Timelineプロジェクトに送信します。
    3. コネクタは、処理結果をテーブル形式で受け取ります。
    4. 出力データはファイルに保存できます。

基本的な手順

  1. ABBYY Timeline Connector for Alteryxをダウンロード、インストール、設定します。
    Alteryxのコネクタは、AlteryxとABBYY Timelineのデータ連携を目的としています。 コネクタを使用すると、AlteryxからABBYYタイムラインにデータを送信できます。

    ABBYY Help Center(https://support.abbyy.com/hc/ja もしくは、support@abbyy.com)に連絡、Alteryx用ABBYYタイムラインコネクタの最新バージョンのダウンロードリンクをご依頼下さい。
  2. Alteryxから受信したデータを処理するプロジェクトをABBYY Timelineで作成します。
    Alteryxをデータソースとして設定する詳細手順については、「ABBYY Timelineプロジェクトの設定」をご参照ください。

ABBYY Timelineプロジェクトの設定

  1. ABBYY Timelineプロジェクトを作成します。
  2. プロジェクトメニュー > 詳細設定 > データソース]をクリックし、[Alteryx]を選択します。
  3. 共有]タブに移動し、ABBYY Timelineにデータを送信するとき使用するコネクタで指定したユーザーが、このプロジェクトで[プロジェクトオーナー]、[データマネージャー]、または[管理者]の役割を持っていることを確認します。
    ABBYY Timeline Connector for Alteryxの設定に関する詳細情報はインストレーションガイドをご参照ください。
  4. アラートを受信するには、プロジェクトでアラートの作成します。([ツールメニュー>アラート]で設定します)。
    詳細については、「アラート」をご覧ください。
  5. 測定基準を受信するには:
    1. 必要な測定基準をプロジェクトに追加します。([ツールメニュー>測定基準]で設定します)。
    1. 追加した測定基準から集計を作成します([ツールメニュー > 集計]で設定します)。
    1. 集計エディタ]ダイアログボックスで、[測定基準追加+]と[ディメンション追加(イベント/属性)+]し、[保存して再計算]ボタンをクリックします。

30.11.2022 4:35:59

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.