Microsoft PowerPointとの統合

Microsoft PowerPointと統合することで、Microsoft PowerPointのプレゼンテーションを使って簡単にPDF文書を直接PowerPointから作成することができます。

PowerPointのプレゼンテーションを使ってPDF文書を作成する方法

PDF文書を作成して保存する手順は以下のとおりです:

  1. Microsoft PowerPointで必要なプレゼンテーションを作成、もしくは開きます。
  2. ABBYY FineReader PDFツールバーで、PDFの作成をクリックします。
  3. 表示されたダイアログボックスで、以下のことを行います:
    1. 出力するPDF文書の名前とフォルダを指定します。
    2. 出力文書をPDFビューワーで開く場合はドキュメントを開くを選択します。
    3. 保存をクリックします。

必要であれば、PDFファイルを作成するスライドの番号を指定します。それには、ABBYY FineReader PDFツールバーでプリファレンスをクリックし、表示されたダイアログボックスで指定するスライドを聞くを選択します。このオプションを有効にすると、新しいPDF文書を作成する際に毎回スライド選択ダイアログが表示されるようになります。また、他のPDF作成設定を指定することもできます

これにより指定のフォルダに出力PDF文書が保存され、PDFビューワーから開けるようになります。

PowerPointプレゼンテーションのPDF作成設定

このダイアログには以下の設定が含まれています:

  • スピーカーノートを変換する
    作成者のコメントを保存するには、このオプションを選択します。
  • 非表示のスライドも含める
    PDF文書を作成する際、非表示のスライドを自動的に保存するにはこのオプションを選択します。
  • PDF/Aの作成
    PDF/A準拠の文書を作成する場合は、このオプションを選択します。右側のドロップダウンリストから必要なPDF/Aタイプを選びます。
  • PDF/UAの作成
    PDF/UA準拠の文書を作成する場合は、このオプションを選択します。こうした文書の表示は元の文書と異なる場合があります。
  • パスワード保護文書
    無断でPDF文書が閲覧・印刷・編集されないよう保護するためのパスワードを設定する場合は、このオプションを選択します。次に設定...をクリックし、表示されたダイアログボックスで適切なセキュリティパラメータを指定します。
  • PDFタグの作成
    PDF文書を作成すると、PDFタグも自動的に生成されます。
    テキストや画像のほかに、PDFファイルには文書の構造に関する論理構造、イラスト、表などの情報を含むことができます。この情報はPDFタグの形で保存され、例えば携帯デバイスのように画面のサイズが変わってもPDF文書を快適に閲覧できるようにします。
  • 次のスライドに適用する
    PDF文書を作成する際に指定したスライドが使われます。
    • すべて
      このオプションを選択すると、すべてのスライドからPDF文書を作成されます。
    • 指定するスライドを聞く
      新しいPDF文書を作成する際に、毎回スライド選択ダイアログが表示されます。
      指定するスライドを聞くオプションはスピーカーノートを変換するオプションが選択されていない場合に限り利用できます。

5/17/2023 7:34:54 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.