バッチタイプのプロパティを変更する必要があります

重要!この機能は、管理者だけが使用できます。

バッチタイプは、プロジェクトセットアップステーションで作成されます。プロジェクトごとに1つまたは複数のバッチタイプを作成できます。ウェブステーションを使用すると、既存のバッチタイプを調整するだけで、ウェブステーションで新しいバッチを作成することはできません。

プロジェクトセットアップステーションで指定されたバッチタイプのプロパティは、サーバでのバッチ処理に関係します。ウェブで指定されたプロパティキャプチャステーション関連のスキャン、文書の作成、サーバーへのバッチの送信。

管理者は、バッチタイプの設定を編集し、サーバーに新しい設定を保存することができます。ウェブキャプチャオペレータは、これらの設定を自分の作業で使用できるようになります。この場合、オペレータはバッチタイプを単独で作成および設定する必要はなく、エラーを回避するのに役立ちます。

バッチタイプの設定を編集するには、バッチタイプフィールドをバッチビューで選択し、バッチタイプ設定ボタンの右にあるので押します。ステーションはバッチタイプ設定ダイアログボックスを開きます。

バッチタイプのプロパティはグループに分けられ、それぞれが以下の別のタブに表示されます:バッチタイプ設定。各タブには次の選択フィールドがあります:

  • デフォルトに戻る
    このボタンをクリックすると、変更されたすべての設定がデフォルト値にリセットされます。
  • オペレータによる変更を禁止- このフィールドが満たされている場合、オペレータはこのタブで指定されたバッチプロパティを変更できません。オペレータにこの可能性を提供する必要がある場合は、フィールドをクリアします。

各タブの下には、タブで指定できる設定が詳細に説明されています。

スキャン

バッチ

文書

パラメータ

送信

3/2/2021 8:10:50 AM


Please leave your feedback about this article