文書アセンブリエラーの修正

文書アセンブリは、認識段階で自動的に実行されます。自動アセンブリ中にエラーが発生したら、検証段階でエラーを修正する必要があります。文書が正しくアセンブルされているかどうかを判断するには、文書のページ順序と出現回数がチェックされます。また、キーフィールドの値を使用して、ドキュメントアセンブリの正確性をチェックすることができます。キーフィールドの値は、ドキュメントのすべてのページで同一でなければなりません。文書アセンブリエラーは、バッチビュー(左側のペイン)および文書イメージビュー(中央ペイン)で修正されます。各文書のページは、上から下に。あるページにキーフィールドが指定されている場合は、その値がページの下に表示されます。各文書について、エラーのリストが表示されます。各タイプのエラーには、アイコンの横に表示されている特定のタイプのエラー数が表示されます:

  • -文書アセンブリエラー;
  • /- 単一フィールド/複数フィールドルールエラー
  • /- 単一フィールド/複数フィールドルールの警告、または文書に一致しないフィールドがあります。

文書の処理中にエラーが発生した場合、バッチビューのページ画像上部にエラーメッセージバッチエディタのページサムネイル上部です。

文書に不確実な認識ページがある場合は、ページ名と関連ページの文書名が赤でマークされます。この場合、この文書のアセンブリエラーが表示されます。不確実な認識ページを1つずつ確定する場合は、ページのコンテキストメニューに進み、ページセクションの確定を選択します。不確実な認識ページをすべて確定する場合は、文書のコンテキストメニューに進み、文書定義の確定を選択します。

複数ページ文書が文書の集まりとして認識されたり、一部のページで間違ったセクションが選択されている場合、間違った文書定義が選択されていることを意味します。このエラーを修正するには、ご認識したページを1つのセクションにグループ化する必要があります:

  1. すべてのページを1つの文書に集めて、正しい順序で並べる。
  2. 同じセクションに属するページを選択します。
  3. 選択範囲を右クリックし、ショートカットメニューのセクションにグループ化をクリックします。

グループ化されたページは複数ページの文書として認識されます。

文書画像パネルで選択したページの画像の大きさは、マウスホイールのスクロールで変更できます。カーソルをペインの上に置いてCtrlキーを押したまま、マウスホイールをスクロールしてください。Ctrlキーを押さずにマウスホイールをスクロールすると、画像が縦方向に動きます。画像を好きな方向に動かすには、スクロールバーを使用します。ペインのショートカットメニューから、現在のページの画像をカラーモードで表示するか、全ページをカラーモードで表示するか切り替えることができます。

デフォルトでは、ページは白黒で表示されます。必要に応じて、文書画像パネルの該当するフィールドにマークを付けて、カラーモードを有効にできます。

文書のアセンブリエラーを修正する場合は、ツールバーのツールで文書を操作します。

文書を操作するためのツール

02.03.2021 8:10:50


Please leave your feedback about this article