FineReaderサーバーサービス用共有フォルダーの作成

FRSNode1 と FRSNode2 の一時ファイルを保存する、新しく作成したサービス用の共有フォルダを作成します。

重要事項!ここで説明しているネットワークフォルダ構成は、フェイルセーフではありません。したがって、ストレージに障害が発生すると、クラスタは停止します。クラスタを継続的に運用するには、ファイルストレージをフェイルセーフにする必要があります。詳細な指示は、分散ファイルシステムの設定を参照してください。

  1. ノードの共有フォルダを作成するには、作成したサービス(この場合は FRS14Server)を右クリックし、ファイル共有の追加を選択します。「SMB共有 – クイック」を選択し、次へをクリックします。

  1. 共有フォルダフィールドで、「ストレージ」という名前のコンピュータで前に作成したドライブ F:\ を選択します。カスタムパスの入力フィールドに、共有したいフォルダの名前を入力します(例: "F:\clustertemp")。次へをクリックします。

  1. 共有フォルダーの名前と説明を入力し、次へをクリックします。

  1. 共有フォルダの設定を変更しないで、次へをクリックします。

  1. アクセス許可を編集するには、アクセス権オプションを選択し、アクセス権のカスタマイズ...ボタンをクリックします。

  1. 新しいユーザーを追加するには、追加をクリックします。ユーザーコンピュータサービスアカウントグループの選択ダイアログボックスが表示されます。前に作成した2人のユーザーを ad1.cluster から追加して、OKをクリックします。
    注:ユーザーは1人ずつ追加する必要があります。

  1. \FRS14Server\clustertemp フォルダへのフルアクセス権を FRSNode1adm および FRSNode2adm に与え、ОКをクリックします。

  1. clusterertemp の詳細セキュリティ設定ウィンドウでОКをクリックします。
  2. アクセス権タブで次へをクリックします。

  1. 設定を確認し、作成をクリックして共有フォルダを作成します。
  2. 共有フォルダが正常に作成されたら、閉じるをクリックします。

29.11.2022 17:26:47

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.