再スキャン中

処理が不可能な文書がある場合は再スキャンが必要です。この場合、検証オペレータは再スキャンのためにスキャニングオペレータにそれらを送信します。このようなタスクは、バッチビューの計測器パネルの上部において有効になっている場合です。再スキャンタスクのリストを表示するには、再スキャンタスクリストオプションから選択します。

このリストには、タスクの名前と優先度、ステータス(「未処理タスク」、「延期」)、日付と時刻が含まれます。

再スキャンタスクの処理を開始するには、。

再スキャンタスクを処理するには、次の操作を行います:

  1. ステーションのメインページのリストからタスクを選択してください。
  2. 必要に応じて、スキャナまたは画像ファイルから不足しているページを追加します。
  3. バッチをサーバーに送信して、後で処理します。

バッチを作成して再スキャンするタスクについて以下に説明します。

タスクの操作

インターフェイスと再スキャンページを操作する方法は、バッチ作成と認識への送信のページに似ています。以前にスキャンしたドキュメントを削除したり、必要に応じて再度スキャンしたりすると、、ページの向きも変更できます。また、再スキャンタスクでは、任意の数の新しいページを追加して、何の制約もなくそれらのページで作業できます。

ドキュメントとページの操作

タスクの拒否

例外へのタスクの送信

さらなる処理のためのタスクの保存

タスクの送信

13.04.2021 11:12:40


Please leave your feedback about this article