登録パラメータの入力

FlexiCaptureモバイルクライアントの使用を開始するには、ユーザーはサーバーのURL、マルチテナントシステムでテナントとなっている会社の名前、ログインおよびパスワードを指定して、FlexiCaptureサーバーに接続する必要があります。ユーザーは承認を完了した後、プロジェクトを選択できるようになります。プロジェクトを選択すると、選択したプロジェクトで指定されているバッチ型、文書定義、および登録パラメータへのアクセス権がユーザーに付与されます。

注: 管理者は、プロジェクトに必要なすべてのバッチ型と文書定義が含まれていて、オペレーターがそれらにアクセスできること、登録パラメータのあるjsonファイルがプロジェクトのファイルストレージに配置されていることを確認します。

登録パラメータの入力

バッチの登録パラメータを入力するには、ユーザーはバッチメニューから パラメータを指定 を選択します 。

重要! バッチ型にjsonファイルのパラメータリストが含まれている場合、ユーザーはバッチの登録パラメータを入力することができます。

文書の登録パラメータを入力するには、ユーザーは文書メニューから パラメータを指定 を選択します 。

重要! 文書の種類が指定されていて、文書定義にjsonファイルのパラメータリストが含まれている場合、ユーザーはその文書の登録パラメータを入力することができます。バッチ型にjsonファイルの不明文書のパラメータリストが含まれている場合、ユーザーは不明文書の登録パラメータを入力することができます。

パラメータの値を入力するには、ユーザーは値を関連フィールドに入力します。音声入力を使用してパラメータを入力することもできます(端末で可能な場合)。音声入力に切り替えるには、端末のタスクメニューから音声制御キーボードを選択します。

必須のテキストパラメータ

必須のテキストパラメータは赤で強調表示されています。ユーザーが空白のままにすると、バッチを送信する前に必要な値を入力するよう求められます。

自動的に入力されたパラメータは読み取り専用モードとなり、ユーザーが編集することはできません。この表示オプションは設定できます。

注: GPS座標の位置特定を使用するには、ユーザーは自分の地理的位置へのアクセスを許可する必要があります。アクセスを禁止すると、このパラメータは空白のままとなります。

3/2/2021 8:10:49 AM


Please leave your feedback about this article