スクリーンショットの作成とテキストの認識

スクリーンショットの作成とテキストの認識

ABBYY Screenshot Reader は、コンピュータ画面上の選択されている領域のスクリーンショットを作成し、これをファイルに保存したり、クリップボードにコピーしたり、ABBYY FineReader に送信したりできます。

ABBYY Screenshot Reader を起動すると、コンピュータ画面に [ABBYY Screenshot Reader] ウィンドウが表示されます。

[ABBYY Screenshot Reader] ウィンドウには、コンピュータ画面上のテキストとテーブルを認識するツールが含まれています。これらのツールで、選択されている画面領域のスクリーンショットを作成したり、アプリケーションをセットアップしたりできます。

スクリーンショットを作成したり、テキスト フラグメントを認識するには、次の手順を実行します。

  1. [ABBYY Screenshot Reader] の [スクリーンショット] リストから、画面取り込み方法を選択します。

    • 領域

    • 選択されている領域を取り込みます。

    • ウィンドウ

    • 画面上のある部分 (ウィンドウ、ウィンドウ フラグメント、ツール バーなど) を取り込みます。

    • 画面

    • 画面全体を取り込みます。

    • スケジュールされた画面

    • 5 秒間の遅延後、画面全体を取り込みます。

  2. [言語] リストで、認識言語を選択します。

  3. [送信] リストで、認識されたスクリーンショットまたはテキストの送信先アプリケーションを選択します。

  4. 選択されたテキストまたはスクリーンショットの送信先は次のいずれかになります。

    - クリップボード (テキストをクリップボードにコピー、テーブルをクリップボードにコピー、または 画像をクリップボードにコピー)。

    - 新しいドキュメント (テキストを Microsoft Word に[1] または テーブルを Microsoft Excel に[2])

    - ファイル (テキストをファイルに, テーブルをファイルに、または画像をファイルに)。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに、ファイル名を入力し、形式を選択します。

    - ABBYY FineReader 11 (画像を ABBYY FineReader に[3])。画面領域にテキストと画像の両方が含まれている場合、この項目を選択します。

    - *.bmp ファイル、新しく作成される電子メール メッセージに添付 (画像を電子メールに).

    重要事項:

    この項目には次のアプリケーションが必要です。

    [1] Microsoft Word

    [2] Microsoft Excel

    [3] ABBYY FineReader 11

    これらのアプリケーションがマシンにインストールされている必要があります。

  5. をクリックします。

  6. [スクリーンショット] リストで選択した項目に応じて、スクリーンショットが自動的に作成されるか、目的の領域を選択できる取り込みツールが表示されます。

    • [領域] オプションが選択されている場合は、画面上で領域を選択します。

    • 必要に応じて領域の位置と境界線を調整し、[取り込む] をクリックします。

      領域の境界線を調整するには、境界線上にマウス ポインタを置き、マウスの左ボタンを押しながらポインタをドラッグします。領域を移動するには、領域を選択し、マウスの左ボタンを押しながら移動します。

    • [ウィンドウ] を選択した場合、カーソルが に変わります。

    • マウスのカーソルを目的の領域上に移動すると、カラー フレームが現れます。ここで、マウスの左ボタンを押します。

    • [画面] または [スケジュールされた画面] を選択した場合、スクリーンショットが自動的に作成されます。

    注:

    1. 画面の取り込みをキャンセルするには、Esc キーを押すか、マウスの右ボタンをクリックします。

    2. 認識操作をキャンセルするには、[停止] をクリックするか、Esc キーを押します。

4/28/2018 11:43:08 AM


Please leave your feedback about this article