インボイス用のABBYY FlexiCapture

  • ABBYY FlexiCapture for Invoicesは、使いやすくインテリジェントなインボイス処理用ソフトウェアソリューションです。労働集約型であるデータ入力タスクを、スマート文書分析と文字認識技術に基づき、透明性が高く管理しやすい効率的な自動データキャプチャへと置き換えます。
  • ABBYY FlexiCapture for InvoicesはパワフルなABBYY FlexiCaptureプラットフォームに基づいており、追加機能、事前定義設定、検証ルール、データベースの詳細検索、インボイス処理に特化した UI の向上などを提供します。
  • ABBYY FlexiCapture for Invoicesはすばやく使用できるソリューションで、インボイスの大半のデータフィールドを認識するため、処理を直ちに開始できます。インテリジェントかつオンザフライの自動トレーニング技術により、定型外のインボイスのデータ抽出精度が向上しています。
  • ABBYY FlexiCapture for Invoicesには国別の検証ルールが備わっており、論理的チェックと演算チェックにも対応し、キャプチャされたデータと会社のデータベースの照合を行います。それによって、法的順守とデータ整合性の確実化、インボイス承認の促進、誤請求の検出を実現できます。プログラムの設定が柔軟であるため、自社独自の業務要件に沿って処理ワークフローを調整し、すべての自動検証ルールに適合したインボイスのスムーズな処理を導入できます。これにより、インボイス検証担当者は注意が必要なインボイスだけに専念することが可能になります。

インボイスのキャプチャプロセス

1.画像の取得

プログラムにインボイス画像をフィードするにはいくつか方法があります:

    • ハードコピーのインボイスのスキャン
    • メール受信ボックスからインボイス画像をダウンロード
    • コンピュータまたは FTP サーバーのフォルダからインボイス画像をダウンロード

2.認識とルールチェック

入力後、インボイスはプログラムによって自動認識されます。認識されたインボイスのデータはルールを使ってチェックされ、その結果に基づいてステータスが割り当てられます。

編集の必要のないインボイスは有効ステータスとなり、エクスポートの準備が整います。

3.検証とエラーの補正

また、有効以外のインボイスは、オペレータによるレビューが必要です。オペレータ。オペレータはこれらの文書をチェックし、ルールチェックで発行されたエラーや警告を補正します。欠陥がすべて補正されたインボイスには、次のステータスが付きます→有効ステータスになります。オペレータは、自動的に割り当てられたステータスを確定できます。インボイスのステータスは、ステータス変更用の理由を指定したオペレータが手動で指定できます。

プログラムがインボイスのフィールドを手際よく見つけられない場合は、文書のキャプチャ処理中にオペレータがトレーニングできます。

4.データのエクスポート

データのエクスポートは最終処理ステージです。この間に、プログラムの設定で指定したようにデータをエクスポートします。文書のステータスごとに異なる方法で文書をエクスポートできます。たとえば、ステータスが有効例外である文書を、拒否ステータスの文書のフォルダと分けてエクスポートすることも可能です。複数のエクスポート先を設定し、インボイスをそれぞれの宛先にエクスポートすることができます。

インボイスのステータスが手動で変更された場合は、オペレータが入力したステータス変更の理由もエクスポートされます。

プログラムは、データファイルや画像ファイルへのエクスポート、ODBC と互換性があるデータベース、Microsoft SharePoint もサポートしています。使いやすい API で、どのようなシステムとも統合できます。

インボイスのキャプチャに関して詳しくはこちら→ABBYY FlexiCapture for Invoicesinインボイスをキャプチャする方法

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article