データのエクスポート

文書は自動的にエクスポートされます。設定に応じて、上級検証オペレータによる追加の確認が必要な場合があります。文書定義の設定に沿って、文書がエクスポートされます。文書定義にエクスポート設定がない場合、プロジェクト設定に基づいて文書がエクスポートされます。一部の文書を他の文書より先にエクスポートしたい場合は、エクスポートの段階でエクスポートキューに送信できます。

また検証ステーションやプロジェクトセットアップステーションで、手動で文書をエクスポートできます。

データをファイルへエクスポート

  1. データをファイルにエクスポートする場合は、エクスポート先→データをファイルへ...を文書のショートカットメニューで選択してください。そのデータファイルへエクスポートしますダイアログボックスが表示されます。
  2. 必要であれば、次をクリックしてエクスポート設定を調整できます:設定...。クリックOKで変更を適用します。
  3. クリックエクスポートでデータをエクスポートします。

画像をファイルへエクスポート

  1. 画像をファイルにエクスポートするには、エクスポート先→画像をファイルへ...を文書のショートカットメニューで選択してください。その画像ファイルへエクスポートしますダイアログボックスが表示されます。
  2. 必要であれば、次をクリックしてエクスポート設定を調整できます:設定...クリックOKで変更を適用します。
  3. クリックエクスポートでデータをエクスポートします。

データをデータベースへエクスポート

  1. データをデータベースにエクスポートする場合は、エクスポート先→データベース…を文書のショートカットメニューで選択してください。そのODBC 互換データベースにエクスポートダイアログボックスが表示されます。
  2. エクスポート設定を指定します。
  3. クリックOKでデータをエクスポートします。

1/16/2023 10:03:07 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.