画像インポートプロファイル

同じソースから定期的に画像を取得する場合は、検証ステーションかプロジェクトセットアップステーションで画像追加のルーチンを自動化できます。処理を自動化するには、画像インポートプロファイルをプロジェクトセットアップステーションで作成します。さらに、着信画像の処理と背景モードでの画像の処理を設定できます。必要な設定が完了してボタンをクリックすると、画像がプリセットされたソースからスキャンまたはインポートされて、受信した画像が処理されます(例:ノイズ除去)。必要に応じて、画像のインポート元やその設定を変更できます。

インポート元が頻繁に変更される場合は、複数のインポートプロファイルを作成し、それらを切り替えることで、インポート元の設定を常に変更する必要がなくなります。

インポートプロファイルの作成

インポートプロファイルを追加するには、プロジェクト→画像のインポートプロファイル...をメインプログラムウィンドウでクリックします。ダイアログボックスが表示されたら、新しいインポートプロファイルの作成や、既存プロファイルの編集、削除、コピーができます。

プロファイルウィザードを使用して新しいインポートプロファイルを作成しできます。ウィザードの作動は画像のインポートプロファイルダイアログボックスを開くために以下をクリックします:新規...。ウィザードでプロンプトが表示されたら、インポートソースを選択します(例: スキャナ、ホットフォルダのいずれか)。

スキャナでインポートプロファイルを作成

  1. インポートソースとして、スキャナを選択します。
    重要!スキャナを接続してください。スキャナを正しく接続するには、スキャナ付属のマニュアルをご参照ください。スキャナ付属のソフトウェアを全てインストールしてください。
  2. 番目のステップで、スキャンとスキャンした画像の処理のオプションを設定できます。
    • 設定ダイアログのスタイルプログラムとスキャナとの連携方法を選択:
      • FlexiCapture スキャナ設定:この場合、スキャナ設定ダイアログボックス(ABBYY FlexiCapture)で、スキャンオプションの設定をします。次に設定...ボタンをクリックしてスキャンオプションを設定します。オプションを選択したらスキャン前にスキャナ設定を表示スキャナ設定のダイアログボックス(ABBYY FlexiCapture)がスキャン前に表示されます(このインポートプロファイルを選択したとき)。
      • スキャンオプション:該当するスキャンドライバのダイアログボックスを使用してスキャンオプションを設定します。この場合、インポートプロファイルの作成時にスキャンオプションを変更できません。ただし、画像のスキャンを開始するたびにスキャン設定ダイアログボックスが表示されます。
    • 1回のパスで1つまたは複数の画像をスキャンするか指定します。
  1. 次のステップでは、画像を文書に追加するオプションと画像処理を設定できます。詳しくは以下を参照してください:画像の前処理オプション
  2. 最後のステップでは、インポートプロファイルに割り当てられている既定の名前の変更と、コメントの入力ができます。

ホットフォルダかメールボックスで、インポートプロファイルを作成

  1. インポートソースとしてホットフォルダを選択します。ホットフォルダのタイプを選択:
      • ローカルフォルダまたは LAN フォルダ,
      • MAPI (mailbox),
      • POP3 サーバー,
      • IMAP サーバー,
      • SFTP サーバー,
      • FTP サーバー,
      • Microsoft Graph Mail API

ホットフォルダへのパスの指定は、参照...ボタンをクリックするか、ログインとパスワードで実行します。ログインとパスワードは設定...ボタンをクリックして行ってください。
重要!ホットフォルダから画像を追加するには、そのフォルダに対する読み取りと書き込みの権限が必要です。

インポートを設定するにはMAPI (mailbox)

インポートを設定するにはPOP3 サーバー

IMAPサーバーからのインポートを設定するには

SFTPサーバーからのインポートを設定するには

Microsoft Graph Mail API経由でのインポートの設定

  1. 番目のステップで、画像読み込みオプションを設定します:
    • ホットフォルダをこのオプションを選択して、新しい画像のホットフォルダをプログラムがチェックする間隔を入力します。メールボックスをホットフォルダーとして選択すると、最初の電子メールをインポートした後、プログラムはそのメールボックスに新しい電子メールがないかチェックします。メールボックスに新しい電子メールがあり、処理サーバーがインストールされているコンピュータのCPUコアに空きがあれば、メールボックスが空になるまで、新しい電子メールが一つずつインポートされます。メールボックスの次のチェックは、このボックスで指定した期間の終わりに実行されます。
      注:ホットフォルダから画像をインポートするには、管理およびモニタリングコンソールで、プロジェクトのホットフォルダ処理を有効にしてください(設定→プロジェクトをクリック)。
    • 次のオプションをどれか、バッチ設定で選択して、新しい画像を追加するバッチを指定します:
      • 画像を現在のバッチに追加ホットフォルダから現在のバッチに画像を追加するには、このオプションを選択します
      • 画像を指定バッチに追加このオプションを選択後、ドロップダウンリストからバッチ名を選択して、特定のバッチに画像を追加します
      • 自動インポートした画像用にバッチを新規作成新しい画像のバッチを自動で作成するには、このオプションを選択します。このオプションを使用すると、ホットフォルダがチェックされる(有効になるホットフォルダを)たびに1つまたは複数のバッチが作成されて、ホットフォルダの画像が以下に指定されたルールに従ってバッチに追加されます。
        表示されたバッチタイプフィールドで、バッチタイプを指定します。必要であれば、バッチ登録パラメータ(クリック登録パラメータ...)を指定し、バッチの優先順位を優先度フィールドで変更します。
        注:インポートタスクが処理サーバー上で処理される場合は、自動インポートした画像用にバッチを新規作成オプションが選択されます。その画像を現在のバッチに追加画像を指定バッチに追加オプションは、プロジェクトセットアップステーションで画像をインポートした場合、またはスタンドアロンバージョンを使用している場合のみ使用できます。
    • メールをバッチに添付(ホットフォルダのPOP3サーバーのみ)
      EML形式の電子メールメッセージファイルを、新しく作成したバッチに添付する場合は、このオプションを選択します。添付された電子メールのメッセージは、電子メールのクライアントでダウンロードして開けます。詳しくは以下を参照してください:ユーザーの添付
    • 表示された追加するファイル数ドロップダウンリストで、次のオプションのいずれかを選択してください。指定したバッチや新しく作成したバッチに追加するファイルの数を決定できます:
      • 設定ファイルに基づくファイルは説明ファイルに従って追加されます。記述ファイルの名前とタイプを指定するには、設定...ボタンをクリックして行ってください。詳しくは以下を参照してください:記述ファイル
        注:説明ファイルを使用して受信箱からインポートを設定するには、XML記述ファイルをメールの添付ファイルとして追加します。

        説明ファイルのサンプル

  • すべてのファイルホットフォルダのすべてのファイルが追加されます。サブフォルダからのファイルは無視されます。
  • サブフォルダ毎に- 指定した命名方式に従って、名前のサブフォルダからファイルが追加されます。クリック設定...して、命名方式を指定します。
    注:アスタリスク*は文字列を示します。疑問符?は何かの1文字を示します。
    注:必要ファイルがすべてコピーされた後だけ、指定された命名方式に従ってサブフォルダの名前を変更します。そうしないと、ファイルアクセスの衝突が発生する恐れがあります。
  • 複数のファイルファイルがいくつか追加されます。ファイル数を指定する場合は、設定...ボタンをクリックして、数か値の範囲を入力します。サブフォルダからのファイルは無視されます。
    注:特定の数のファイルを、例えば5に指定します。ホットフォルダに残っているファイルが4つしかない場合、このファイルはインポートされません。範囲を1~5に指定すると、残った4つのファイルはインポートされます。
    注:Microsoft Graph Mail APIを使用している場合、インポートタスクごとに1つの電子メールメッセージのみがインポートされます。メッセージの並列インポートはサポートされていません — インポートタスクは各処理ステーション で1つずつ実行されます。
  • 1ファイル毎1つのファイルが追加されます。
  • 添付ファイル電子メールに添付されている全ファイルが追加されます。
    注:新しい画像がファイル名の昇順でバッチに追加されます。
  • メッセージ本文と添付物 添付ファイルとメッセージ本文の両方が追加されます。
      • If no files are found, log the followingドロップダウンリストから、適切なオプションを選択します:
        • エラー,
        • 警告,
        • Information.
  1. 次のステップでは、画像を文書に追加するオプションと画像処理を設定できます。詳しくは以下を参照してください:画像の前処理オプション。また、バッチタイプで指定している文書分割および画像処理設定を適用するには、バッチタイプから画像処理オプションを使用オプションを選択してください。
  2. 番目のステップではプロファイルウィザードで、インポート後にホットフォルダのクリーンアップのオプションを指定するよう求められます。正常にインポートされた画像は削除するか、特定のフォルダに移動できます。エラーで処理された画像(ファイルの破損や、ネットワークエラーがあった場合に、エラーが発生する恐れがあります)は、ホットフォルダに残すか、特定のフォルダに移動できます。画像を移動する場合は、移動先のフォルダを指定します。
    注:次のような場合は、エラーが発生した画像をホットフォルダに保存することをお勧めします:
    • 画像を手動でインポートします(自動エクスポート中に、ホットフォルダ内の破損したファイルが、フォルダ内の他のファイルの処理を妨げる恐れがあります)。
    • ホットフォルダの処理は、ネットワークが不安定だと頻繁に中断されます。
  1. 最後のステップでは、インポートプロファイルに割り当てられているデフォルト名の変更と、コメントの入力ができます。

画像インポートプロファイルは、インポートプロファイルを選択ダイアログボックスで編集や作成ができます。これはファイル→画像をインポート...をメインメニューから選択すると現れます。

ページ画像の追加

1/16/2023 10:03:07 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.