UpdateProject

エンタープライズ設定では、テスト環境でプロジェクトがなるべく早く実行されるように、変更が行われます。テスト終了後ただちにデプロイメント環境に転送する必要があります。UpdateProjectコマンドを使用して、デプロイメント環境の既存のプロジェクトを新バージョンに置き換えることができます。

注:

  1. FCAdminToolsは、FCAdminToolsの言語と異なる言語のプロジェクトの処理ステージをリネームします。Windowsのレジストリで適切な言語を指定することによって、上記を防止することができます。詳細な内容については、このセクションを参照してください。
  2. UpdateProject コマンドを使用すると、文書定義やインポートプロファイルを含むプロジェクト全体が更新されます。文書定義のみを更新するには、CopyDocumentDefinitionコマンドを使用します。

パラメータ

/Source

必須

ソースプロジェクトへのフルパス。

プロジェクトがサーバーに配置されている場合、このパスにテナントIDを含めなければなりません。

/Target

必須

ターゲットプロジェクトへのフルパス。

プロジェクトがサーバーに配置されている場合、このパスにテナントIDを含めなければなりません。

/SourceTenant オプション ソースプロジェクトをもつテナント。
/TargetTenant オプション ターゲットプロジェクトをもつテナント。
/UpdateDataSets フラグ

デフォルトでは、ターゲットプロジェクトにデータセットがコピーされません。

データセットをコピーするには、このスイッチを指定してください。

注:ソースプロジェクトの文書定義がターゲットプロジェクトの文書定義よりも新しいのなら、データセットはこの変更の値に関係なくアップデートされます。

/UpdateEnvironmentVariables フラグ

デフォルトでは、ターゲットプロジェクトに環境変数がコピーされません。

環境変数をコピーするには、このスイッチを指定してください。

/SourceU オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/SourceP オプション パスワード。
/SourceCert オプション ソースプロジェクトのサーバーで相互 SSL 認証に使用される証明書の拇印。このキーは、相互 SSL が文字列としてインストールされているサーバーのエンコードされた証明書ハッシュを渡すために使用されます。
/TargetU オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/TargetP オプション パスワード。
/TargetCert オプション ターゲットプロジェクトのサーバーで相互 SSL 認証に使用される証明書の拇印。このキーは、相互 SSL が文字列としてインストールされているサーバーのエンコードされた証明書ハッシュを渡すために使用されます。

使用例:

/UpdateProject /Source="https://FCStage/1/Banking_eng"/Target="https://FCProd/1/Banking_eng"

5/25/2023 7:55:10 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.