ABBYY FlexiCapture 12のオンラインライセンス

オンライン ライセンスは、ABBYY FlexiCapture 12 のライセンスの一種で、特に仮想環境やクラウド環境向けに設計されていますが、オンプレミスのインストールでも使用できます。

ライセンスがローカルに保存され、ライセンスをアクティブ化したコンピュータのソフトウェアに紐付けられている場合、クラウドサービスを利用する際に以下のような問題が発生する可能性があります:

  • フェイルオーバースイッチを実装するには、2つ以上のライセンスが必要です;
  • 仮想マシンが動作しなくなった場合、管理者は関連するすべてのライセンスを手動で復元する必要があります;
  • 仮想マシンのソフトウェアがアップグレードされた場合や、仮想マシンが別のホストに移動した場合は、ライセンスを再度認証する必要があります。

必要に応じて、ABBYY FlexiCapture 12 のオンライン ライセンスを特定のコンピュータに紐付けせずに使用することができますので、多数のタスクのためにハードウェアを最適化する際により柔軟に対応することができます。すべてのオンライン ライセンス パラメータ データは、クラウド上の ABBYY サーバーに保存されます。

注:オンラインライセンスのパラメータは、ライセンスマネージャでも表示できます。ただし、これは、特定のコンピュータで現在使用されているライセンスに対してのみ可能です。

ABBYY FlexiCapture ライセンスサービスは、フェイルセーフ モードで運用されている Microsoft Azureデータ処理センターでホストされています。また、このサービスにはバックアップサーバーがあり、継続的なアクセスが可能です。ABBYY ライセンスサービスは高い可用性を備えており、オンライン ライセンスを一定期間オフライン モードで使用する機能と合わせて、ABBYY FlexiCapture でのオンライン ライセンスの確実な運用を保証しています。

オンラインライセンスの仕組み

オンラインライセンスは、一定期間(1ヶ月や1年など)に一定のページ数を処理することができます。オンラインライセンスは、別のコンピュータからアクセスできます。処理されたページ数に関する情報を同期させるために、ライセンス サーバーと ABBYY ライセンス サービスは定期的にインターネットに接続します。そのため、ライセンスサービスでは、一つのシリアル番号に紐付けられたすべてのコンピュータでそのシリアル番号を使用して処理されたすべてのページをその追跡します。

ライセンスサービスの同期

オンラインライセンスが意図したとおりに機能するためには、次のライセンスサービスの同期が必要です:

  • ABBYY FlexiCapture がインストールされているコンピュータまたはローカル ネットワーク上のライセンス サーバー;
  • ABBYY FlexiCapture ライセンスサービス。

重要!ライセンスサービスが自動的に同期するためには、インターネットが途切れることなく接続されており、*.abbyy.com onへの接続がポート443で許可されていることを確認してください。

ライセンス サーバーは、ABBYY FlexiCapture と一緒にご使用のマシンに自動的にインストールされます。次に、ライセンスサーバーは、ライセンスパラメータで指定された間隔でABBYYライセンスサービスとのデータ交換を開始します。

同期パラメータ

ライセンスサービスの同期は、以下のパラメーターで設定します:

  • 同期期間 - 特定のオンラインライセンスのすべてのコンピュータで処理されたページ数に関するデータを交換する頻度を決定します。この情報は ABBYY ライセンス サービスによって収集されますが、更新される頻度はこのパラメータで設定します。存続期間はライセンスの種類によって決まります。
  • オフライン機能期間 - ライセンスサービス間で同期が行われない場合でも、製品の機能を利用できる期間を決定します。この全期間中、ライセンス サーバーは、ABBYY ライセンス サービスへの接続を確立しようと試み続けます。存続期間はライセンスの種類によって決まります。

ライセンスサービス間のデータ転送

ライセンスサーバーは、ライセンス識別データIDとページカウンターデータのみをABBYYライセンスサービスに送信します。ライセンスサービス間でやりとりされるデータは、お使いのハードウェアとは独立して暗号化されており、暗号化を解除することはできません。オンライン ライセンスが使用されている環境について ABBYY が受け取った情報は、完全に匿名化されています。

オンライン・ライセンスのアクティブ化

オンライン ライセンスは、認証ウィザード (ABBYY FlexiCapture 12 License Manager → ライセンスをアクティブ化する...) を使用してアクティブ化する必要があります。詳細は、ライセンス認証をご覧ください。

重要!ライセンスサーバーでは、オンラインライセンスをアクティブ化するためにも、プログラム自体を使用するためにも、インターネットへの接続が必要です。

アクティブ化化されると、お客様のライセンスが利用可能なライセンスの一覧に表示されます。

重要!オンラインライセンスは一度だけアクティブ化することができ、無効化することはできません。

1つのオンラインライセンスを複数のコンピュータで使用

オンラインライセンスには、別のコンピュータからアクセスすることができます。これは、クラスターの展開、新しい環境への移行、障害発生後のシステムの復元などに必要となる場合があります。別のコンピュータでオンラインライセンスにアクセスするには、その特定のライセンスのアクティブ化時に生成されたトークンを使用します。このようなトークンは暗号化して保存されます。ライセンスへのアクセスに使用できるコンピューターの台数に制限はありません。

別のコンピュータのライセンスにアクセスするには:

  1. ライセンスをアクティブ化したコンピュータにライセンストークンを保存します。これを行うには、ABBYY FlexiCapture 12 License ManagerService → Save Online Token... を選択します;
  2. アクセスが必要なコンピューターにトークンをアップロードします。これを行うには、ABBYY FlexiCapture 12 License Manager Service → Load Online Token... を選択します。

利用可能なライセンスのリストに対応するライセンスが表示されたら、それを選択することができます。

注:トークンは、そのコンピューター上でアクティブ化されたすべてのオンラインライセンスに紐付けされています。そのため、複数のライセンスをアクティブ化してトークンファイルを保存した場合、そのトークンを別のコンピュータにアップロードすることで、すべてのライセンスにアクセスできるようになります。

重要!ライセンスを通常使用しているコンピュータが操作できなくなった場合、そのライセンスを継続して使用するには、別のコンピュータのライセンスマネージャーにそのトークンをロードすることが唯一の方法です。ライセンストークンファイルを安全な場所に保管してください。そうしないと、ライセンスにアクセスできなくなるリスクがあります。

コマンドラインを使用したオンラインライセンスの管理

コマンドラインを使用してオンラインライセンスを管理できます。これは、ABBYY FlexiCapture Distributedとスタンドアロンの両方とともに提供される LicenseManager.Console.exe ユーティリティで行います。コマンドラインを使用して、オンラインライセンスをアクティブ化、ライセンストークンをアップロード、ライセンストークンをファイルとして保存することができます。詳しくは、コマンドラインコンソールを使用したライセンス管理をご覧ください。

25.05.2023 7:55:10

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.