ファイルを開く場合およびスキャンのオプション

ABBYY FineReader でのスキャン プロセスおよびページを開くプロセスをカスタマイズするには、以下の方法が利用できます。

これらの設定は文書を開いてスキャンするダイアログ ボックス (ABBYY FineReader 12 のスキャン インターフェイスを使用している場合)、および [オプション] ダイアログ ボックス ([ツール]> [オプション…]) の [スキャン/開く] タブで行うことができます。

重要事項 [オプション] ダイアログ ボックスで行った変更は、新たにスキャンした画像または開いた画像のみに適用されます。

[オプション] ダイアログ ボックスの [スキャン/開く] タブには以下のオプションがあります。

自動分析および認識の設定

既定により、FineReader 文書は自動的に分析と認識が行われますが、この設定は変更することもできます。以下のモードが選択可能です。

  • ページ画像の読み込み (画像処理を含む)

FineReader 文書に追加された画像は、 [画像処理] オプション グループからの設定を使用して予備処理が自動的に行われます。分析と認識も自動的に実行されます。

  • ページ画像の解析 (画像処理を含む)

画像の予備処理および文書分析は自動的に行われますが、認識は手動で起動する必要があります。

  • ページ画像の事前処理

予備処理のみが自動的に実行されます。分析および認識は手動で開始する必要があります。このモードは、一般的に構造が複雑な文書に使用されます。

FineReader 文書に追加する画像を自動的に処理しない場合は、[ページが追加されたら自動的に処理] の選択を解除します。解除すると、大きな文書を素早く開き、文書内の選択されたページのみを認識して、文書を画像として保存することができます

画像の予備処理オプション

ABBYY FineReader 12 では、一般的なスキャンとデジタル写真の欠陥を自動的に除去できます。

一般的な修正

  • 見開きページを分割する

このプログラムは見開きページを含む画像を、各ページを含む画像 2 つに自動的に分割します。

  • ページの向きを検出する

FineReader 文書に追加されたページの向きを自動的に検出し、必要に応じて修正します。

  • 画像のデスキュー

傾きのあるページを自動的に検出し、必要に応じて修正します。

  • 台形歪みを修正

プログラムはデジタル写真および書籍のスキャン データにある台形歪みや不均等なテキスト行を自動的に検出します。これらの欠陥は適宜修正されます。

  • テキストラインの歪み修正

プログラムは画像上の不均等なテキスト行を自動的に検出し、台形歪みを修正せずに、テキスト行を直線化します。

  • 画像を反転

必要な場合、ABBYY FineReader 12 では画像の色を反転させて、明るい背景に濃い色のテキストの画像にします。

  • カラーマークを削除

このプログラムはカラー スタンプおよびペンや蛍光ペンでつけられたマークを検出して除去し、そのようなマークにより読み取りにくくなったテキストを認識しやすくします。このツールは白の背景に濃い色のテキストの文書をスキャンすることを目的としたものです。デジタル写真および背景がカラーの文書にはこのオプションを選択しないでください。

  • 画像解像度を修正

ABBYY FineReader 12 は画像の最適な解像度を自動的に決定し、必要に応じて画像の解像度を変更します。

画像修正

  • ページの端を検出

デジタル写真には有用なデータを含まない境界線が入っている場合があります。プログラムはこのような境界線を検出して削除します。

  • 背景を白くする

ABBYY FineReader は、背景を白くして画像に最適な明るさを選択します。

  • ISO ノイズを低減

画像からノイズを自動的に除去します。

  • モーション ブラーを削除

ぼやけたデジタル写真の鮮明さを高めます。

注意:文書をスキャンする際、または開く際にはこれらのオプションをすべて無効にし、画像エディタで必要な予備処理を適用することも可能です。詳細については、「画像の予備処理」を参照してください。

スキャン インターフェイス

既定では、ABBYY FineReader では独自のスキャン インターフェイスを使用します。[スキャン] ダイアログ ボックスには以下のオプションがあります。

ヒント:有効にする予備処理機能、除去する欠陥、および文書を自動的に分析して認識するか否かを選択できます。選択を行うには、[ページが追加されたら自動的に処理] オプションを有効にして [オプション…] ボタンをクリックします。

  • 複数ページのスキャン:
    1. 自動ドキュメント フィーダ (ADF) を使用する
    2. 両面スキャン
    3. ページ スキャンの遅延時間を秒単位で設定する

ABBYY FineReader 12 のスキャン インターフェイスに、ご使用のスキャナとの互換性がない場合、スキャナのネイティブのインターフェイスを使用できます。スキャナの付属文書にはこのダイアログ ボックスおよびその要素に関する説明が記載されているはずです。

1/14/2020 5:26:20 PM


Please leave your feedback about this article